【徹底レビュー】RIMOWA(リモワ) オリジナル キャビンが最高すぎる!

ドイツ製品

ドイツ製の高級スーツケース「RIMOWA(リモワ)」。

RIMOWAのラインナップの中で、ブランドと伝統を象徴するモデルが「ORIGINAL(オリジナル)」です。

一目でRIMOWAとわかる、アルミボディの「デザイン性」、「機能性」、「耐久性」どれをとっても素晴らしいスーツケースだと思います。

スーツケースとしては非常に高価ですが、RIMOWAはサポートも充実しているので、メンテナンスをしながら長く使うことが可能です。

長く使うことで愛着も湧きますし、RIMOWAは傷が付くほどかっこいいです。

さて、RIMOWAの購入を検討されている方にとって、実物を見る機会はなかなかありませんよね。

そこで今回は、私が愛用しているRIMOWA オリジナル キャビンを徹底レビューします!

忍者くん
忍者くん

この記事はこのような人におすすめ!

  • リモワを買おうか悩んでいる人
  • リモワ オリジナルの外観をじっくりみたい人
  • 2年位使うと、どれくらい傷がつくか知りたい人


RIMOWAの購入を悩まれている方にとって、少しでもお役に立てればと思います。

私はRIMOWAを3個使っていますが、超おすすめです。

スポンサーリンク

【最高のスーツケース】リモワ オリジナル キャビンを徹底レビュー

オリジナル キャビン(ORIGINAL CABIN)について

スーツケースのスペックと価格

ORIGINALのCabinのラインナップは、「Cabin S」、「Cabin」、「Cabin Plus」と3種類あります。

私のものは、「Cabin」なので、真ん中のサイズですね。

まずはスペックを比較してみましょう。

Cabin SCabin Cabin Plus
高さ (cm)555557
幅 (cm)404044
奥行き (cm)202326
3辺合計 (cm)115118127
重さ (kg)4.24.34.7
容量 (L)313549
価格 (円)128,700134,200146,300
機内持ち込みほぼ可能航空会社によるほぼ不可能
荷物の目安1〜2泊2〜3泊3〜4泊


「Cabin S」と「Cabin」は奥行きが3cm違うのみです。

「Cabin Plus」は一気に大きくなります。機内持ち込みは不可能なサイズですね。

「Cabin」か「Cabin S」か

「Cabin」と「Cabin S」で悩まれる方が非常に多いと思います。私も最後まで悩みました。

ポリカーボネート製の「ESSENTIAL」も同じサイズ展開なので、この悩みは同じかと思います。

まず、飛行機を利用する際、「確実に機内に持ち込みたい方」は「Cabin S」を買った方が良いです。

なぜなら、Cabin Sであれば、ほとんどの航空会社の機内持ち込みサイズに対応している為です。

一方、「Cabin」は航空会社や機体サイズによって、持ち込めたり持ち込めなかったりします。

例えば、ANAやJALの場合、機内持ち込みの規定は以下のようになっています。

100席以上の機体の場合

3辺(縦・横・高さ)の和が115cm以内、かつ3辺それぞれの長さが(55cm × 40cm × 25cm以内)


お分かりでしょうか?

「Cabin」の場合、3辺の和が118cmとなるので、厳密には規定外となります。(そこまで厳しくチェックされない場合も多いですが。)

一方で、ルフトハンザなどは、3辺の和が規定されず、「55cm × 40cm × 25cm以内」だけ規定されているので、その場合は持ち込み可能です。

なので、

「毎回、機内に持ち込みたい!」、「預けて傷をつけたくない!」という人は「Cabin S」

「機内持ち込みできないなら、預けても良い!」という人は「Cabin」

を選ぶと良いと思います。


それ以外の違いとして、奥行き3cmの違いで、「容量」と「外観のシルエット」が変わってきます。

容量」は、Cabin Sが31Lに対し、Cabinが35Lと4Lの違いがあります。

荷物が多くなりがちな方は、やはり35Lの「Cabin」の方が良いと思います。(個人的にも「Cabin」で一杯になることが多いので。)

でもそこは個人の判断だと思います。


外観のシルエット」に関しては、奥行きが3cm違うだけで、パッとみた時の印象が変わってきます。

小さい「Cabin S」はやはりシルエットが細身でスマートな感じです。女性が持ってもスッキリした印象に感じる思います。

反対に、「Cabin」は少し丸っとした印象になりますね。比べないとわからない程度ですが。

もし実物を見る機会があれば、シルエットも加味してみてください。

どちらにしても、RIMOWAのORIGINALであることに変わりはないので、気に入ったサイズをお選びください!


外観をレビュー

私が愛用している「Cabin」シルバーを使って、レビューします。汚れが目立ちますがご容赦ください。

2年間で旅行に10回以上使用すると、これくらいの傷ができるという目安になるかと思います。

正面

これぞ「RIMOWA ORIGINAL」のデザイン。

アルミボティとリブ加工が、シンプルでかっこいいです。

リモワ オリジナル キャビン


ロゴは以前のポップな感じから、シックで大人っぽいデザインに変更になりました。

アルミプレートになり、シンプルで高級感があって個人的には好きです。


テレスコープハンドルを上げた状態。(最下段)

リモワ オリジナル キャビン


テレスコープハンドルを上げた状態。(最上段)

リモワ オリジナル キャビン

このテレスコープハンドルは非常に優秀で、無段階で自由に高さ調整が可能です。

ぐらつきも少なく、握り心地もしっかりとしています。

リモワ オリジナル キャビン


側面

オリジナルには、この2つのTSAロックがついており、非常に安心感があります。がっちりと閉まるので、中身が飛び出す心配がありません。

※ステッカーとネームタグは無視してください。

リモワ オリジナル キャビン



オリジナルは、3桁のダイアルでロックするタイプになります。

※一番上の鍵はTSAようなので、使いません。(鍵も付属していません)

TSAロック


ハンドル近くに「DESIGNED BY RIMOWA」の文字。

リモワ オリジナル キャビン 


留め具にもRIMOWAのエンブレムが入っていてかっこいいです。

背面

このアルミボディーが荷物を衝撃から守ってくれます。

ホイール

マルチホイールと呼ばれるホイールです。

方向転換がしやすく、ものすごく滑らかに進んでくれます。

内側

全体的に、濃い茶色で統一されており、落ち着きがあります。

左右とも「フレックスディバイダー」になっています。

高さを自由に調節でき、荷物をしっかりと押さえつけられるので、非常に便利ですね。


内側はこのような形で、シンプルです。


テレスコープハンドルがある場所は、出っ張りがありますね。


布にはRIMOWAのエンブレムが散りばめられています。おしゃれ。


フレックス ディバイダーはメッシュポケットになっており、小物の収納が可能です。


細部まで丁寧に作られていることが伝わったかと思います。


そして最後に一つだけ。

RIMOWAの「オリジナル」は、基本的に「Made in Germany」です。

「え?RIMOWAは全部ドイツ製じゃないの?」と思うかもしれません。

実は、RIMOWAはドイツ以外にもチェコやカナダに工場があるのです。

内面のラベルを見ると生産国がわかります。


せっかくRIMOWAを買うのなら、ドイツ製にこだわりたい方もいるかもしれません。

そのような方には「ORIGINAL」をお勧めします!!

[ リモワ ] RIMOWA オリジナル キャビン 35L 4輪 機内持ち込み スーツケース キャリーケース キャリーバッグ 92553004 Original Cabin 旧 トパーズ [並行輸入品]

新品価格
¥103,500から
(2021/2/4 07:52時点)

リモワ RIMOWA オリジナル キャビン 35L 4輪 機内持ち込み スーツケース キャリーケース キャリーバッグ 92553004 Original Cabin 旧 トパーズ あす楽

価格:103,999円
(2021/2/4 07:53時点)

※試しに使ってみたい方は、スーツケースレンタルもおすすめです👇

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、RIMOWAオリジナル キャビンを徹底レビューしました。

このスーツケースを持つと本当に旅が楽しくなります。愛着もどんどん湧いてきます。

良いものを長く使う概念は素晴らしいですよね。皆さんも是非、ドイツの逸品「RIMOWA」を試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました